乳首をピンクにしてコンプレックスを解消!自信のある体にしよう

乳首の黒ずみをピンクにしよう【見た目を綺麗にする方法】

乳首をピンクにしてコンプレックスを解消!自信のある体にしよう

ブラ

他の人となかなか比較できないから標準が分からない

乳首がピンク色に近い人はとても魅力的な女性に見えるでしょう。ですが乳首の色は自分自身で濃いのか濃くないのかを判断するのが難しいです。温泉へ行ったといなどは全員裸のため、コッソリチェックをしてみるのも良いでしょう。お客様との接客をすることが多いキャバ嬢などの接客業の方も、外見だけでなく目に見えないところを意識してケアをしている人が多いです。

女の人

日本人は茶色の人が多い

肌の色に合わせて乳首の色も大きく異なるとされており、基本的に色白の人は薄い茶色やピンクの人が多く、普通肌の人は茶色の乳首色をしている人が多いといわれています。また黒人は黒に近い乳首の色しているようです。

乳首をピンクにする人気の方法を知っておこう

バスト
no.1

美白クリームに活用

美白クリームは市販でも購入をすることができるので、手軽に乳首をピンクにするためのケアをすることができます。美白成分が多く含まれる美白クリームを使用することで、黒ずみの元となるメラニン色素を減らすことができ、乳首をピンク色に近づけることができるでしょう。

no.2

摩擦を起こさないようにする

乳首が黒ずんでしまうのは、肌の摩擦によってメラニン色素が発生してしまうからです。もしブラのサイズが合っていないなら摩擦が起こりやすくなるため、ブラのサイズを変えるなど工夫をすることが大切です。またお風呂で体を洗うときにもゴシゴシとこすってしまわないようにしましょう。

no.3

乾燥を防ぐための保湿ケア

加齢に伴って肌のターンオーバー機能が衰えてくるため、それによって肌の乾燥を引き起こしやすいです。肌が乾燥するとメラニンが生成されやすくなるため、定期的に保湿ケアをして乾燥を防ぎましょう。乾燥を防ぐとともに適切なケアを重ねると効果が倍増します。

広告募集中